松戸のデザイン会社@ポンコツ社長のブログ

【地域密着20年の信頼と実績】チラシ、パンフレット、会社案内、名刺、デザインや印刷物の作成でお困りの方、お気軽にご相談ください。

CD・レコード 音楽

1980年代ジャパメタ名盤LPレコード「44マグナム/STREET ROCK’N ROLLER」

投稿日:2018年12月28日 更新日:

我が事務所に秘蔵の、懐かしの80年代ジャパメタ名盤LPレコード紹介。今回は「44マグナム」。

以前に紹介した

→1980年代ジャパメタ名盤LP「アースシェイカー/FUGITIVE」

→1980年代ジャパメタのレア名盤「松川敏也/バーニング」

と同時代を駆け抜けたロックスターたちです(懐!)。

セカンドアルバム「STREET ROCK’N ROLLER」

手元に残っているLPレコード「STREET ROCK’N ROLLER」は84年に発売された2ndアルバム。

同時代の他のバンドよりもヘヴィでスピード感があるのに加えて、演奏技術が非常にテクニカルだった(速かった)こともあって、自分らの周りにはあんまり一生懸命コピーに励む人の姿は見られませんでしたが、やっぱりカッコよくて大好きだったバンドのひとつです。

当時このビュジュアルは「和製モトリ・クルー」を意識していたそうで、ビジュアル系バンドのハシリということになるんですかね。

「和製モトリ・クルー」的なビジュアルメイキング。「ギョーカイの大人たち」によって「意に反してさせられていたた」説もあるようですが。

ビジュアルよりも演奏技術に圧倒

ギターの広瀬 “Jimmy” さとしのプレイは速すぎてまったく聞き取れないし真似できない。

吉川 “Ban” 裕規のベースプレイなんか、当時の高校生は畏敬の念を持って見てましたからね(笑)。

ドラムの宮脇 “Joe” 知史は、少し前まで、浜田麻里(今も現役!)のバックやってましたね。麻里さんのMVで、相変わらずスピードとパワー全開のドラムを叩いてる姿を見たときは、嬉しかったですよ〜。

経年劣化で変色した歌詞カード。タイポグラフィにも時代を感じます(笑)

ヴォーカルのPaul。パーキンソン病からの復活

ヴォーカルの梅原 “Paul” 達也は、2005年に若年性パーキンソン病を患い、一度は一線から退いたものの、治療とリハビリを重ねて「人前に立つ患者がいることで、同じ病気と闘う方たちにも力を奮い立たせてもらえれば…」と、翌年には再び第一線に復帰したという凄い経歴の持ち主。

この話は、最近テレビや新聞でも取り上げられていたのでご存知の方も多いかもですね。

もうこのレベルになると、中高年ロッカーが未だ現役で頑張ってる姿から勇気と元気をもらって……云々とはまったく別次元の感動的な話になってきますわ。

ステージにはPaulの息子が一緒に立って歌うことも。YouTubeなんかでその様子を見ると「ああ、あの頃のオレたちって、あの息子より若かったんじゃん…」と猛烈に過ぎた年月を感じるのであります(笑)

2008年にはトリビュートアルバムが出てるよ

ちなみに2008年には、日本の錚々たるロックミュージシャンがそんなPaulの想いや生き様への賛同を含めて、44マグナムのトリビュートアルバム(カバー集)を製作・発表しています。

自分的にお気に入りなのは、坂本英三が歌う「STREET ROCK’N ROLLER」。本家よりもいいじゃん、なんていったら怒られちゃいますかな(笑)。

このトリビュートアルバムの収益の一部は、俳優のマイケル・J・フォックスが設立した財団「Michael J. Fox Foundation」に寄付されて、パーキンソン病の研究助成に充てられるそうです。

というわけで今回は、懐かしのジャパメタLPレコードにまつわる話題でございました。

それではまたお会いしましょう。では〜!!

*デザイン制作や印刷物の作成でお困り方はお気軽にご相談ください。

松戸の地域密着デザイン会社「小さな会社やお店の広告の作り方相談所」
www.office-arena.com







-CD・レコード, 音楽

執筆者:

関連記事

1980年代ジャパメタ名盤LP「アースシェイカー/FUGITIVE」

以前に若い頃に夢中になったレコードについて書いたんですが →1980年代ジャパメタのレア名盤「松川敏也/バーニング」 久しぶりにちゃんと聴いたら予想以上に良かったので、今回はもうひとつ手元に残っている …

デザイン事務所の中は安オーディオ機器のリスニングルーム

自分は子どもの頃から音楽が大好きなんで、いつでも好きな音楽が鳴らせるよう事務所にはオーディ機器を置いております。 実際のとこは、結婚して子供が生まれて…次第に家でのんびり音楽聴いていられる環境じゃなく …

音楽系お気楽系脱力本『この店でいちばん高いギターを弾かせろ』

今回は、楽器好きな人、とくにギター好き向けの、ちょっとユニークな本の話。 おバカ系あるいは脱力系? タイトルが『この店でいちばん高いギターを弾かせろ』。なんだかおバカ系(といったら著者に失礼か!)ある …

1980年代ジャパメタのレア名盤「松川敏也/バーニング」

前回、事務所に置いてあるオーディオのことを書いた後 →デザイン事務所の中は安オーディオ機器のリスニングルーム レーコードプレーヤーを久しぶりに使いたくなって、LP盤を引っ張り出してきました。 以前は2 …

デザイン事務所に新しいスピーカーがやってきた「ヤマハNS-BP200」

こんにちは! 毎日楽しくテンポよく仕事をこなしていくために、ご機嫌なBGMは欠かせません。 というわけで本日、事務所に新しいスピーカーが届きました〜。 ヤマハのNS-BP200。 驚きの価格7000円 …