松戸のデザイン会社@ポンコツ社長のブログ

【地域密着20年の信頼と実績】チラシ、パンフレット、会社案内、名刺、デザインや印刷物の作成でお困りの方、お気軽にご相談ください。

料理

釣ってきた天然うなぎでひつまぶしを作ったよ〜

投稿日:2019年5月11日 更新日:

前回釣ってきたうなぎ

→5月上旬、今シーズン最初のうなぎが釣れたよ〜

の調理編です。

ですが、このうなぎクン、深夜にビール飲みながら捌いたのがよくなかったのか、何ヶ月かぶりだったのが災いしたのか分かりませんが、超ド下手な捌きになってしまいました。

まあ、自分(と家族)が食べるので見た目は別にいいんですが(←負け惜しみ)。

そんなわけで、今回はひつまぶしを作ります(ほんとはうな丼を作りたいところですが、上記の理由等で今回は断念。次回はきっとね)。

自家調達の天然うなぎ。調理編スタート〜!

冷凍庫から昨夜に捌いたうなぎを取り出します。

うなぎに限らず、川魚を食べるときに気になるのが独特の臭み。まず最初にこの臭みの素を取ります(自分流ですが)。

うなぎ(凍ったままでオーケー)を熱湯にくぐらせると、皮についたヌメリが白く浮き上がってきます。

この白いヌメヌメを包丁などでこそぎ落とします(けっこうたっぷり取れます)。

皮目を下にして蒸します。20分くらい。

その間に錦糸卵を作っておきます。

蒸し上がったら魚焼きグリルへ。

アルミシートを敷いて、タレをつけながら焦がさないように焼きます。10分くらいかな。ここで時間をかけたくなるけど、焼き過ぎない方が美味しいです、絶対。だから、焼きを楽しむのはグッと我慢(笑)

ちなみにタレは今回はこれ。自作は面倒なので、スーパーで売ってる100円くらいのミニパック(笑)。

軽く焦げ目が付くか付かない程度に焼けたら、小さく切り分けて盛り付け。

ご飯に海苔を敷いて錦糸卵とうなぎを散らして、針海苔をトッピングしてひつまぶしのできあがり〜〜!!

ちなみにうなぎの骨は、調理中に骨焼き煎餅になってビールのおつまみとして自分のお腹の中に消えていきました、とさ(笑)

うなぎは釣るのも調理するのもカンタンとはいかないですけど、まあ文句なしに楽しいし美味しいですな〜。

そんなわけで、今シーズン、果たして何匹のうなぎが釣れるか(食べることができるか)分かりませんが、ワクワクウキウキ楽しくやっていこうと思います(あ、もちろん仕事もね!)。

それでは、またね〜!

*デザイン制作や印刷物の作成でお困り方はお気軽にご相談ください。

松戸の地域密着デザイン会社「小さな会社やお店の広告の作り方相談所」







-料理

執筆者:

関連記事

チャーシュー作りって家庭の圧力鍋で簡単・30分でできちゃうのね

家庭用の調理器具において、電子レンジと同じくらい凄い進化というか便利さを実現した思うのが、個人的には「圧力鍋」だと思っていたりするわけです。 というわけで今久しぶりに圧力鍋を使ってお料理してみました。 …

チーズドッグとチョコラスクで無駄なし食パンクッキング!

食パンはそのまま食べてももちろん美味しいんですけど、ちょっとだけ手間をかけて!?みると、これがまた楽しいんで、今回は2品ほどご紹介(笑)。 食パンでクルクル巻きチーズドッグ 1品目はソーセージとチーズ …

実家で休日クッキング。マグロの中落ちと残った中骨出汁で寄せ鍋

先日は実家で80歳の父と二人飯。やっぱ手作りのメニューがいいだろうということで買い出しに。 マグロの中落ちが250円ナリ スーパーで「マグロの中落ち」が250円で積まれているのを発見。一瞬目を疑いまし …

休日おつまみクッキング。リーフレタス大量消費のためのサラダとタコライスほか

休日の午後は飽きもせずに、ビールをチビチビ飲みながらのおつまみクッキングに精を出しております。 午前中に軽〜いジョギングで汗を流して、畑に寄り道。大量のリーフレタスと水菜を収穫して、さぁ、お料理開始〜 …

8月20日の行徳江戸川放水路ボートハゼ釣り情報と、チビハゼの唐揚げ作り

江戸川の夏の風物詩といえば、ボートハゼ釣り! というわけで、グズグズお天気の合間をぬっての8月20日、行徳江戸川放水路へハゼ釣りに行ってまいりました〜。 釣行編。4号針推奨。それでも餌取り多くて針掛か …