松戸のデザイン会社@ポンコツ社長のブログ

【地域密着20年の信頼と実績】チラシ、パンフレット、会社案内、名刺、デザインや印刷物の作成でお困りの方、お気軽にご相談ください。

おすすめ本

有名になりたい? 無名のままでいい? 渡辺京二著『無名の人生』

投稿日:2019年1月26日 更新日:

ちょっと疲れたり、自分を振り返ってみたいときに読みたい本、渡辺京二の『無名の人生』。著者は人文学系の名著『逝きし世の面影』で有名な人。

「自己顕示」という見せびらかすための人生

タイトルの通り、無名のままの人生、他人に見せびらかすための人生でなく、自分をあるがままに生きることについて書かれています。

周囲を見渡せば皆が自己実現とか、個性とか、自分探し、といった「自己顕示」に汲々とした「見せびらかし」の社会。こういうの、かつては富裕層に見られた現象だったけど、今では大衆までが自己顕示を競い合っている。

だけどね…、出世したり成功しなくても自分のあるがままに人生を送ることができればいいんだよ、と語りかけてくれます。

だいたい、誰もが出世して成功しちゃったら世の中は有名人ばかり。無名の人がいなくなっちゃう(笑)

有名になりたい? 平凡で無名の人生で充分じゃん

そもそも「才能」なんて誰もにあるわけじゃないし、「個性尊重」なんて欺瞞だと。

人間なんて大差のない存在だけど、一人ひとりの存在はそれ自体で肯定されているんだし、平凡で無名の人生は、自己顕示競争の人生よりも、むしろ自分が人生の主となりえるんだよ、と。

仕事柄「意識が高い」系の中小企業の経営者さん達とお付き合いさせていただいてる中で、気が張って疲れちゃったときにフッと気持ちを楽にしてくれる(ヒミツの)一冊のご紹介でした〜。

まあ、弊社のようなデザイン制作業なんていうのは社会の裏方仕事(←裏稼業じゃないよ!)ですし、企業活動を縁の下から支えるのが役割だと思っているわけでして、地味にこれからも頑張ってまいりますので、皆さんどうぞご贔屓によろしくお願いいたしま〜す!

それでは、またね!

渡辺京二の本。『女子学生、渡辺京二に会いに行く』ほかオススメ本

こちらも読みやすくておすすめ。当たり前ですけど、ここに出てくる女子学生、皆んなすっごく頭良くて真面目です(笑)。

こちらは言わずと知れた名著。江戸〜明治期の人々の暮らしを当時の外国人の視点で綴った本。挿絵も素敵です。一家に一冊!(笑)。

*デザイン制作や印刷物の作成でお困り方はお気軽にご相談ください。

松戸の地域密着デザイン会社「小さな会社やお店の広告の作り方相談所」







-おすすめ本

執筆者:

関連記事

幕末の歴史好きにはお約束スポット。流山駅すぐ近藤勇陣屋跡

こんにちは。事務所は小さくても夢だけは大きい、松戸のデザイン会社「小さな会社やお店の広告の作り方相談所」の前田です。 恐る恐る始めたこのブログも20記事をなんとか超えることができたので、ネタ枯れしてし …

捨てられない懐かしのデザイン・版下の制作道具たち他

今回は中高年の同業者向けのネタでございます。 事務所のキャビネットに眠っていた懐かしグッズ 事務所の書棚をいじくっていたら、あらっ!懐かしいデザイン・版下制作グッズが出てきました。 この業界に入った頃 …

現場、学校、本…、最短でデザインの基礎を学ぶ方法

こんにちは。千葉県松戸市の隅っこにある叩き上げのデザイン事務所「小さな会社やお店の広告の作り方相談所」の前田です。 先日のこと。同業(といってもうちよりずっと大きな商いをしているデザイン会社ね)の人と …

音楽系お気楽系脱力本『この店でいちばん高いギターを弾かせろ』

今回は、楽器好きな人、とくにギター好き向けの、ちょっとユニークな本の話。 おバカ系あるいは脱力系? タイトルが『この店でいちばん高いギターを弾かせろ』。なんだかおバカ系(といったら著者に失礼か!)ある …

Before I die… あなたは死ぬ前に何がしたいですか? in 新松戸

2014年から16年にかけて、新松戸で「Before I die」というプロジェクトをやっていました。 死ぬ前にしたいこと Before I die I want to….. あなたは死ぬ …