20130305154533

店舗前に設置したのぼり(旗)


飲食や不動産の業界ではお馴染みの「のぼり」です。

ずらっと並んだのぼりが風にはためく姿は、

けっこうな迫力がありますよね。

よくある「大売出し」とか「セール」とか「○○募集中」

というのは完成済みの既成品がたくさん売っているのですが、

どうせ使うなら、自社に合ったオリジナルのものを用意したいところです。

「のぼり」といっても機織り機で作るわけではなく(笑)、

特殊なプリンタで専用布に印刷するだけですので、

デザイン代とプリント代数千円で、

案外、手軽に作れちゃいます。

さらに、置き台やポール(竿)は、

近所のホームセンターで購入すれば、数百円でOK。

手軽な割に訴求力が高いのが「のぼり」です。

弊所でも併設のレンタルスペース(=写真)や

定期利用のお客様の「のぼり」が、雨の日も風の日も

常に店頭で一生懸命働いてくれています。

まあ正直、あんまり上品なイメージはないですが、

その分、庶民的で親しみやすい感じがするので

業種・業態によっては、とっても吉。

「のぼり」でもっと賑やかに

お客様を迎えてみませんか。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

(余談ですが…)

のぼりには「向き」があります。

既成品のほとんどは、支柱の右側に正像が来ます。

店舗などの立地条件によっては、

反対向きのほうが視認性が良い場合もありますので

購入の際にはご注意を!

また、支柱(ポール)は消耗品なので、

最初からいくつか余計に用意しておくことをオススメします。

車の接触、イタズラ、強風などけっこうな頻度で壊れます。

弊所では屋根からの落雪でも、見事にポッキリ折れました。

ご用心を。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
※この記事は過去に配信したメールマガジン「Good Job!通信」の一部を転載したものです。