松戸のデザイン会社@ポンコツ社長のブログ

【地域密着20年の信頼と実績】チラシ、パンフレット、会社案内、名刺、デザインや印刷物の作成でお困りの方、お気軽にご相談ください。

旅行記

奄美大島への出張記[後編]

投稿日:2018年11月29日 更新日:

前回の
→奄美大島への出張記[1日目]
の続き。2日目です。

朝7時起床。前夜の就寝が2時頃だったのでちょっとシンドかったです(笑)。
バイキング式の朝食を和食中心にかる〜く食べて、片付けしてチェックアウト。

奄美ジョギングタイム〜

ここで同行者と別れて、しばしの空き時間。海沿いをジョギング。

名瀬界隈はランナーがいっぱい走ってました。予想外でちょっとビックリ。

最初は海沿いをラン。景色のいいところを走るのは気持ちいいですね。自然とピッチも上がります。

車移動では見れない景色をゆっくり目線で楽しむのは新鮮でいいもんですよ。はい。

港近くもいい雰囲気です。

島唯一?の歓楽街である屋仁川通り(昨夜来たとこね)。バーやスナックの数が半端ないです(笑)。

表通りはそれなりに賑やかなんですが、脇道に入るとカオス感がスゴい!

一見で入るには勇気が要る店構え。こんなのがゴロゴロある(笑)。


海沿いのほかにも古い集落や歓楽街?の裏路地などをぐるり回って、ひと汗流せたのでジョギングは終了です。

次は、着替えて帰り仕度です(慌ただしい!)。

奄美の郷土料理「鶏飯(けいはん)」

まずは手広の海岸でサーフィン中の同行者をピックアップ。

次にばしゃ山村に移動して昼食。

郷土料理の「鶏飯(けいはん)」。すごく美味しかったです。これオススメですよ、絶対(と推しておきながら写真はありません。ホントに美味しいときって写真撮ろうと思ってても忘れちゃいませんか?)

ちなみに、奄美の鶏飯ですが、天皇陛下ご夫妻がお若い頃に奄美大島を訪問された際に、美智子妃殿下(当時)があまりの美味しさににおかわりを所望されたというエピソードがあるそうです。うむ、納得(←何がだ?)

まさかの休館日。田中一村展には行けず

昼食後は奄美パークで開催中の田中一村展に立ち寄りたかったのですが、運悪く休館日(泣)。

レンタカーを返却して奄美空港へ。缶ビール飲みながら搭乗時間を待ちます。

羽田行きの飛行機は定刻に出発。うたた寝と雲海の美しさを楽しみながら1時間ちょいのフライトで羽田空港へ着陸。偏西風の影響なんでしょうか。復路は早いんですね。飛行機の対地速度表示はマッハ1を超えてました!

復路の雲海も夕日とセットになって綺麗でした〜。

というわけで、ついぞ仕事の話が全然でてこない「奄美大島出張記」でございました(笑)。

今回は都合上、とんぼ返りに近い形で慌ただしかったですが、次回はたっぷり時間をとって島の南部へも足を伸ばしてみたいですね。マングローブ原生林とか手付かずの大自然を満喫してみたいです。それと、釣りなんかも思いっきり楽しみたいですね!

追記:黒糖焼酎「まんこい」は「千客万来」!

ところで、帰りに現地のお酒(黒糖焼酎)を7〜8本買い込んだんですが、帰ってくるなり気前よくあちらこちらに差し上げてしまい、唯一コイツだけが我が家に残りました。

「まんこい」とは奄美地方の方言で「千客万来」という意味だそう。

自営業の自分には縁起の良い名前のお酒が手元に残ったので、これからなんかハッピーなことが起こりそうな予感が〜、なんて都合のいいことを想像しながらしょ〜もない出張記は終わりでございます(笑)。

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
それでは、また〜!!

*デザイン制作や印刷物の作成でお困り方はお気軽にご相談ください。

松戸の地域密着デザイン会社「小さな会社やお店の広告の作り方相談所」
www.office-arena.com







-旅行記

執筆者:

関連記事

奄美大島への出張記[前編]

先日、一泊二日で奄美大島へ出張してまいりました。 朝はいつも通りに事務所へ出勤して事務片付け後、羽田空港へ。東京外環道が開通して、松戸からのアクセスが便利になりましたなぁ〜。所要時間は約1時間ちょい。 …