松戸のデザイン会社@ポンコツ社長のブログ

【地域密着20年の信頼と実績】チラシ、パンフレット、会社案内、名刺、デザインや印刷物の作成でお困りの方、お気軽にご相談ください。

料理

岩井釣果の調理編。ホウボウとアオリイカのお刺身とお味噌汁

投稿日:2019年4月20日 更新日:

先日、内房岩井で釣ってきたホウボウとアオリイカ
→「2019年4月、内房岩井、ボートでタイラバ&エギング釣行記。釣果は渋〜」

今回はその調理編です〜。

ホウボウのお刺身と味噌汁づくり

ホウボウのウロコを落として、頭を落として、三枚におろします。いやぁ、下手くそですなぁ…、あいかわらず切れない包丁のせいにしてますが(苦笑)。

お刺身用に身の皮をひいて柵どりします。で、そぎ切りにしてお刺身に。

残りは小さく切り分けて味噌汁にします。ホウボウの出汁はとっても美味しいので、内臓とエラ以外は全部キレイに残らず使います(食べ物は大切に〜)

鍋で煮て、灰汁をていねいに取り除いて、味噌を溶いて、子ネギを散らして味噌汁の出来上がり〜。

アオリイカのお刺身。ゲソはボイルで

続いてアオリイカ。身と胴体とエンペラを取り分けます。

身をお刺身用に仕上げていきます。

まずは、軟骨を外して、薄皮を剥きます。

ここでさっそくお刺身に!といきたいところですが、イカは寄生虫が怖いので、身を光に照らしてよ〜くチェックします。アニサキスを食べちゃうと激痛で七転八倒、大変らしいですからね。ここは面倒がらずちゃんと点検しましょうね。

さらに、念のため飾包丁を入れてから、お刺身サイズにそぎ切りにします。

エンペラも食べやすいサイズに切り分けます。先ほどのホウボウと合わせて、2品目のお刺身2点盛りの出来上がり〜。

イカのゲソはボイルしてからいただきました。ポン酢で、と思ったけど、そのままでも全然美味しいかったですよ〜。

というわけで今回は、自分で釣った魚を自分で料理して食す、という、ある意味とっても贅沢な行為をネタにしてみました。

今シーズンも釣り好きなお客様と一緒に釣行を楽しめたらいいなぁ〜などと妄想している今日この頃。イロイロと楽しみですww

それでは、また〜〜!

*デザイン制作や印刷物の作成でお困り方はお気軽にご相談ください。

松戸の地域密着デザイン会社「小さな会社やお店の広告の作り方相談所」







-料理

執筆者:

関連記事

おつまみクッキング。冬の珍味「白子ポン酢」と「カリカリチョコバナナクレープ」

こんにちは〜。おつまみクッキングの時間でございます〜。 先日から、冬の珍味「白子」がどうしても食べたい症候群が発症。スーパー、魚屋を何軒か廻ってようやく手に入れてまいりました。 冬の珍味「白子ポン酢」 …

秋の東京湾で釣ってきた江戸前アジの調理編。開きの一夜干しとへたっぴ軍艦寿司

前回「乗合船でのんびり秋の東京湾アジ釣り」のつづきです。 今回はその【調理編】。 川崎沖で釣ってきた江戸前アジ。調理開始〜 小型サイズはフライ用に開いて冷蔵庫へ。 中型サイズは、開いて塩水に30分くら …

休日おつまみクッキング。リーフレタス大量消費のためのサラダとタコライスほか

休日の午後は飽きもせずに、ビールをチビチビ飲みながらのおつまみクッキングに精を出しております。 午前中に軽〜いジョギングで汗を流して、畑に寄り道。大量のリーフレタスと水菜を収穫して、さぁ、お料理開始〜 …

秋の江戸川放水路でボートハゼ釣り。高圧線下で70匹くらい

先日、秋のハゼ釣りに行ってまいりました! 行き先は江戸川放水路。早朝なら車で30分くらい。近い近い(笑) 【釣行編】秋の江戸川放水路ボートハゼ釣り 朝6時ちょい過ぎ、船宿に到着。ボート代金3,000円 …

フライパンだけ作るシンプルなローストビーフづくりに挑戦してみました

ローストビーフ作りというとなんか難しそうなイメージですが、フライパンだけで作ることができるシンプルな調理法があるということで、それならばと挑戦してみました。 今までは圧力鍋でローストビーフを作ってたん …