外構工事会社のウィンドウディスプレイと看板デザイン制作・施工

松戸市の外構工事会社(プレイスデザイン株式会社様)の社屋ウィンドウディスプレイと看板のデザイン制作〜施工を行いました。

既存のガラスウィンドウには、カッティングシートでディスプレイされていたのですが、これを「もっと視覚的に分かりやすく訴えるものにモデルチェンジしたい」とのご要望をいただきました。

ということで、今回はカッティングシートではなく、インクジェットシートに写真などのグラフィック素材を印刷してラミネート処理をしたものをガラスウィンドウに貼り付ける方法を前提にしてデザインを制作します。

どんな会社なのかが通りがかりの人たちに分かるよう、取扱商品名と写真(イラスト)素材を組み合わせたデザインを作成し、施工に入ります。

はじめに、古いカッティングシートをスクレーパーで剥がします。

ガラス面を綺麗に掃除したら、いったんシートを仮留め。位置を正確に合わせていきます。

余分なシート部分をカットして、気泡や水分を抜いて完成。ちょうど通行人の目の高さで、視認性OK!です。

今回はもうひとつ、立て看板のご依頼も頂戴いたしました。

ウィンドウディスプレイと同様に、取扱商品とビジュアル素材(今回はウッドデッキのパース画像)を組み合わせた、シンプルだけど視認効果の高いデザインを採用です。

設置場所はちょうど踏切待ちの車の列ができる道路沿い。歩行者だけでなくドライバーからもよく見えるような位置に設置します。

外構工事の会社ということで、看板枠はお客さまが自社で設置。その上にプレートを貼り付ける形で看板を作っていきます。

下地のプレートを打ち付け。

シートの位置をピッタリ合わせて、糊が乾かないうちに一気に貼り付けて完成です。

看板の設置をはじめ、会社やお店のガラスウィンドウにディスプレイをご検討の方──弊社では、お打ち合わせや現地調査をはじめ、デザイン制作〜施工完了まで、すべてワンストップで承ります。

どうぞお気軽にご相談ください。

+++

松戸のデザイン会社|小さな会社やお店の広告の作り方相談所
電話 047-345-4669
担当者直通 090-1770-3660(←お気軽にどうぞ!)